一般社団法人 全国ご当地スーパー協会
  • ご当地スーパー Facebook
  • ご当地スーパー 菅原佳己 公式
検索
  • スーパーマーケット研究家・菅原佳己すがわらよしみ

ご当地スーパー食【宮城 はらこ飯/旬菜館】


600円(税別参考価格)。亘理町周辺と仙台圏の一部スーパー、産直市などで販売。

はらこ飯発祥の地とされるのは宮城県南部、秋鮭(さけ)の集まる阿武隈川河口に位置する亘理町。醤油(しょうゆ)だれで加熱調理した鮭の身と味付けしたはらこ(いくら)を、炊き込みご飯にのせ家庭料理で、江戸時代にこの地を訪れた仙台藩主・伊達政宗公を夢中にさせたと言われています。


はらこが最もおいしくなる10月は、提供する町の飲食店も多く、そのなかの農家レストラン「旬菜館」は近隣スーパーなどに納品し大人気。

鮭のアラでとっただしで炊いたご飯(米は自家製)が、醤油が染みて美味しいんです!


宮城県のスーパー各社でも、12月初旬ぐらいまで、有名店や自社製など、いろいろな「はらこ飯」を楽しめますし、もちろん、家でつくる人なら、スーパーではらこ飯の材料が簡単に入手できますよ〜。


文と写真 スーパーマーケット研究家・菅原佳己〈すがわらよしみ〉


●朝日新聞連載「お宝発見 ご当地食」は毎週土曜「be」または朝日デジタル(有料)にて