検索
  • スーパーマーケット研究家・菅原佳己すがわらよしみ

福島のご当地スーパー食「ここのえ」 九重本舗 奈良屋


「ここのえ」 ゆず、ぶどう各520円 ひき茶600円(税別)

福島のご当地スーパー食「ここのえ」 九重本舗 奈良屋


不思議なご当地食「ここのえ」。

小さな小さなあられに砂糖の衣をまとわせたお菓子です。


福島なのに、妙に雅やか。

その理由は百人一首にちなみます。


『いにしへの奈良の都の八重桜 けふ九重ににほひぬるかな』

※現代訳:その昔は奈良の都に咲いていた八重桜が、今はこうして九重(京の宮中)に献上され、美しく咲いている。


もともと「奈良屋」という屋号の菓子店。

伊勢大輔(いせのたいふ)の詠んだ歌には、奈良と九重(ここのえ)が登場するため、明治時代に発売した新商品に「ここのえ」と命名したそうです。


そのまま食べても、お湯に溶かしてお茶のように飲んでも。


会津若松のスーパー ヨークベニマルリオンドール

または九重本舗 奈良屋

雑誌「LDK」2020年4月号より抜粋

一般社団法人 全国ご当地スーパー協会
  • ご当地スーパー Facebook
  • ご当地スーパー 菅原佳己 公式